トップページへ
診療時間・診察内容
アクセス方法
受診されるかたへ
問診票ダウンロード
眼に関するあれこれ
障害者手帳について
個人情報保護について
当院の理念
院長紹介
TKコンタクトのサイトへ
大きな文字でご覧になるにはこちらをクリックして下さい
なんよう眼科クリニックの理念

私たちは科学的で誠実な医療に努めます・私たちは患者さんのご意思を尊重します・私たちは患者さんの満足と笑顔を最大の目的とします・私たちはプライマリー・アイ・ケアを実践します・私たちは眼科医療により、地域への貢献を目指します。
イメージ写真
私たちはなんよう眼科クリニックの理念として上記の5つを定めました。
医療は利益よりも倫理や社会的な責任が優先されると考えます。私たちはこの理念を携えながら日々の診療に臨みます。
 近年、Evidence Based Medicine(EBM)“根拠に基づいた医療”が必要であるといわれています。EBMとは、医療において知りうる限りの研究成果や実証的な根拠を用いて臨床的な診断や治療を行い、効果的で質の高い医療を実践することです。このような外部の根拠を基にした治療を続けていけば、医療も科学であると言えるでしょう。
 だた、ヒトの体は機械ではありませんから、患者さんの病状は千差万別であり、同じ治療をしても同じ効果が得られるわけではありません。最近ではこのようなEBMの限界を補うものとしてNarrative Based Medicine(NBM)“患者一人一人の物語に基づいた医学”が提唱されています。NBMとは患者さんの独自の物語を語り、聞くことにより、その患者に最も適したアプローチが成されることを目指す医療です。
 私たちは日々進歩していく医学に遅れることなくついていけるよう努力しながら、患者さんのお話を誠実に聴き、病態をよく観察し、それに基づいた適切な治療を心がけていきたいと考えます。

 治療の主体は患者さんご自身です。私たちは病状を説明し治療法のご提案を行います。その治療法にご納得いただけなければ別の治療法のご提案や他施設への紹介もいたします。あくまでも患者さんのご意思を大切にいたします。ただ、患者さんのご依頼があったとしても、事実に反するようなことや、科学的でないことはいたしません。

 医療はヒトとヒトのつながりだと思います。私どもが一方的に治療しているわけではありません。患者さんに満足していただいて初めて私たちの仕事が生きてきます。また、患者さんの笑顔により、私たちに誇りとより良い医療を目指す気持ちが生まれます。

 調子の良くない方に気安くお越しいただき、症状が軽ければすばやく治療し、症状が重ければ適切な医療機関へ迅速に紹介させていただくことがプライマリーケアであり、開業医の使命であると思います。

 私たちは地域の皆様に支えられています。地域の患者さんへの適切な治療により貢献しているともいえますが、さらに積極的に地域に関与し、社会的な貢献ができることを大きな目標とさせていただきました。
上に戻る